http://www.summit-lunch.com




基本装備

登山を始めようよと思ったら、まず基本装備となるウェアーや登山靴、リュックサックなどをそろえる必要があります。

一回ぽっきりの登山なら、とりあえずコストパフォーマンスを優先でもよいかと思いますが、これからしばらく登山を続けていきたい方はちょっと値は張るけれど機能性に優れた装備を揃えることをおすすめします。

登山用ウェアー

登山用ウェアーは吸水速乾性に優れたものが好ましいです。
体から出た汗が素早く衣服に吸収されて、吸収された水分が空気中に放出されることによって汗による体の冷えを抑えることができます。

夏山でも3000m級の山では風が出るだけで寒くなったりもしますので、下着からアウターまでしっかり選んで揃えてください。

ここでは夏山と冬山で共通して使えるウェアーのご紹介をしています。

アンダーウェア

登山用のアンダーウェアーは各メーカー様々な商品が出ています。
当サイトでは実際に使っているメーカーのみご紹介していますので、でおススメできるのがメイドインジャパンのファイントラックです。

サミットランチ登山隊の隊長も愛用のメーカーです。
写真に撮ってある商品はすべて隊長の使っている登山服です。

重ね着で汗の放出や体温調節が出来るレイヤリングで夏でも冬でも快適な登山が出来ます。

そんな中で一番基本となる下着がこれ。「L1」のドライレイヤーです。

スケスケのシャツとパンツですが、これがスゴイ。
自分の体から出た汗を素早く吸い上げて、水分が逆戻りしない服なんですね~

一度着ると絶大な効果で手放せなくなります。
半袖タイプと冬用の長袖があり、パンツも同じ素材であります。

ファイントラックドライレイヤー

ファイントラックドライレイヤーアンダーパンツ

冬場はドライレイヤーの中でも一番水の戻りがないアクティブスキンTという商品がいいですね。
上の写真の一番右の長袖ですが、雪山だけでなくスキーなどウィンタースポーツにも使えます。
体から出た汗がドライレイヤーの外側に出ていくだけでなく、汗が戻らないので冷えが最小限に抑えられます。
長袖と半袖があるので、用途に合わせて選択が出来ます♪

レイヤリング・ベースレイヤー

「L1」の次に着るのが「L2」のベースレイヤーです。

「L1」のドライレイヤーで吸い上げた汗を「L2」のベースレイヤーで吸い上げて、汗を放出しやすくしています。

基本的に夏山でも長袖を着ているほうが日焼けもしないし虫刺されもなく、草や葉っぱなどが直接肌に当たらないこともあり、真夏でもこの「L2」はいつも着ています。

隊長も年間通して上の写真のベースレイヤーを着ていますが、北アルプスの樹林帯や森林限界のちょっと下までブヨが多い場所ではフォックスファイヤーのスコーロンというフルジップパーカーを着ています。
スコーロンは蚊や一部の害虫が嫌うにおいの成分が練り込んであるウェアーで、蚊やブヨが多い山はベースレイヤーの代わりにスコーロンを着ています。
スコーロンも吸水速乾性の繊維なので、汗をかいても比較的早く乾きます。

ファイントラックベースレイヤーL2

ファイヤーフォックス・スコーロンフルジップパーカー

隊長が着ている緑色のベースレイヤーL2のモデルはちょっと古くなってしまいましたが、夏だけでなく雪山の時もしっかり着ています。
数年に一度、モデルチェンジがあるので必要になったときが買い時です。

レイヤリング・ミッドレイヤー

真夏の低山ではもっていかないですが、八ヶ岳や北アルプスに登るときはいつももって行く、もしくは着ていくミッドレイヤーです。
ファイントラックで「L3」となるウェアーで、保温性に優れていながら汗は発散させてくれるウェアーです。

秋の登山では行動中に着ることで、汗を素早く放出しながら体温を保ってくれる便利な一枚です。
両脇には一気に熱と汗を放出できるジッパーが付いているので、行動中に熱くなったときは脱がなくても温度調節が可能です。

隊長が着ている「L3」トラウドセンサーは旧モデルのウェアーですが、4年くらい来ていても機能性が失われている感じはありません。

ファイントラック・ミッドレイヤーL3

ファイントラック・トラウドフォースジップネック

少々値段が高いですが、一度買っておけば何年も使えるので気になる方は是非ゲットしてください。
秋の山で出発時の気温が低い時や山頂付近でちょっと肌寒い時に便利です。

リュックサック

リュックサックは季節や上る山ごとに選択できればいいのですが、日帰り用とテント泊・山小屋泊の2パターンでそろえているのが一般的だと思います。

僕も日帰り登山では夏も冬も一緒のリュックで、テント泊の時はちょっと大きいリュックを使っています。

本音では登る山によって、もう少し小さいリュックが欲しかったり違う機能性を持ったリュックが欲しかったりしますが、自宅に何個もリュックを置くことも出来ないしお金もそれほどかけられないので、やはり日帰り用と宿泊用の2個をそろえておくのが無難だと思います。

写真のザックは緑色が隊長の使っているオスプレイのザックで36リットルです。
数年使ってみて特に不満はないのですが、近くの妙義山や谷川岳山頂では持っていく荷物が少ないので、もう少し小さいザックも欲しいと考えています。

ちなみにこのザックは背面メッシュというタイプで、背中の当たる部分にザックが直接当たらないようにメッシュの加工がしてあり、夏場の背中の蒸れや汗の放出に貢献してくれます。

ただ、ザック本体に湾曲がかった荷室となるデメリットもあるので、快適さを優先するのか荷物の出し入れを優先するのかによっても選択肢が変わってきます。

オスプレイのザック

白黒のザックは隊員みやじのザックでドイターのザックです。

ドイターACTライト

ザックには色々な種類があって、目的によっても変わってきます。
近場の低山で日帰りがメインなのか、メジャーな八ヶ岳や北アルプスに行きたいのかで様々な選択肢があります。

そんなわけで、これからリュックを買う人は、買ったリュックは数年先までしばらく使う相棒になるので失敗しないリュック選びをしてください。

上の写真はみんな各隊員の自前のリュックです。
日帰り用のリュックとテント泊用のリュックです。

隊長のザックは日帰り・テント泊ともにオスプレイです♪

日帰り用:オスプレイ・ストラトス36

テント泊用:オスプレイ・イーサー60

登る山や持っていく装備によってリュックの使い分けが出来ればいいのですが、現実的に何個もリュックサックを保有するのは難しいので最もよく行く山に合わせて準備してください。

ここから先は夏山向けと冬山向けのご紹介をしていますので季節に合わせてウェアーを選んでください。

登山靴

登山をするうえで、一番重要になるのが登山靴ですね。

靴は数年は履けるので、極力自分の足に合わせてちゃんとした登山靴を選んでください。

この登山靴で失敗すると楽しいはずの登山が苦痛の思いでしか残らない登山になってしまうので、いきなり通販で買ったりしないで、まずは近くの山岳用品店に行って自分の足に合うかよく確かめて靴に詳しい店員さんにもしつこいくらいよく聞いてから買うようにしてください。

登山靴を何度も試し履きしてみて「これなら大丈夫」とわかっていれば、ネット通販もありですね~
ちょっと高額な場合はアマゾンよりもヤフーショッピングなどポイント還元があるところは支払う金額は変わりませんが、ポイントが加算されて後から必要になる登山用具の購入時にかなり役立ちます。

ちなみに隊長の使っている登山靴はスカルパのトリオレプロという靴です。
トリオレプロを選んだ理由は足の形状に合っているからなのですが、スカルパは比較的ばんびろの日本人にも合うようで歩きながら一部分が当たったり靴擦れが起こらないのでこの靴に決めました。

この靴で、近場の表妙義の崖っぷちも壮大な北アルプスも岩稜の八ヶ岳も行っていますが、足のストレスは全くありません。

あと、雪山も想定していたので靴に合わせてアイゼンも同時に買っています。
アイゼンに関してはまたご案内しますが、靴との相性というものがあるので靴とアイゼンは必ず適合を確認して揃えてくださいね!

(靴のご案内は随時追加と更新を行う予定です)

夏山装備

冬山装備






更新日:

Copyright© SummitLunch登山隊! , 2017 All Rights Reserved.